レトロフューチャーを体現するチャーリー・プースの真価

今回は、世界的人気を誇るチャーリー・プースの楽曲をご紹介します。ヒット曲と2018年リリースのアルバム中心なので、その名にピンと来ないという方も、今回ご紹介する楽曲のいずれかを聴けば「あぁ、この歌の人か」と思い出していただけるはずです。そう、チャーリー・プースは今最も旬なアーティストなのです!

メイン画像:「One Call Away」Piana-Pella  Charlie Puth公式YouTubeより

若い才能を開花させたチャーリー・プース

チャーリー・プース(Charlie Puth)は1991年12月2日、アメリカ・ニュージャージー州生まれのシンガーソングライターです。

カトリック教徒の父と、ユダヤ教徒の母のもと、3人兄妹の長男として音楽一家で育ちました。バークリー音楽大学卒業という経歴を持ち、ピアノ講師だった母に4歳からピアノを教わったため、絶対音感を兼ね備えているそうです。

ちなみに、右側の眉毛はファッション的な意味で剃っているのかと思いきや、これは2歳の時に犬に噛まれた跡なんだとか。まぁ曲のジャンル的にも、そういうファッション性の方ではなさそうですよね。今となってはトレードマークになっています。

チャーリーのデビューを語るには少し説明を要します。2011年、アデルの「Someone Like You」をYouTubeにアップしたチャーリー。見事オンラインビデオコンテストで優勝し、その活躍がエレン・デジェネレス(アメリカの人気コメディアン/俳優ですが歌もかなり上手い)の目に留まります。

その才能に惚れ込んだ彼女は、自身の番組にチャーリーを出演させます。その番組はたちまち話題になり、アーティスト活動へのきっかけとなりました。

※ちなみにチャーリーは他にもブルーノ・マーズやザ・ウィークエンドなどのカバー動画をアップしていて、どれもバカ上手いです。非公式のものはいろいろ出回っています。

そして、エレンが立ち上げたイレヴンイレヴン・レコードと契約。アルバムリリースなどに至りますが、2013年12月にはレーベルを去る決意をします。

心機一転、2015年にアトランティック・レコードと契約を交わして以降は、それまでiTunesなどで取り扱われていた楽曲が聴けなくなってしまいました。複雑ですが、引く手数多な才能の持ち主ということなのでしょう(ということにします)。

正式な楽曲リリースはこれ以降からカウントされているため、デビューは2015年となっているのですね。エレンに発掘された頃のチャーリーの声も素晴らしいので、幻となってしまったのは惜しいですが、なにはともあれ、チャーリーもYouTubeから世界的大スターへと羽ばたいたわけですから、夢のあるお話ですよね。

余談ですが、1stアルバムのジャケットが横顔の写真だから見慣れてしまったのか、個人的には真っ正面よりも横顔の方がしっくりくるのが不思議です。

♪Wiz Khalifa – See You Again ft. Charlie Puth(2015年)

映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の主題歌でもあるこの曲で、一躍有名になったチャーリー・プース。美しい高音が際立っています。

とは言いつつですね、個人的にこの頃はまだ彼の魅力に気付いておらず、むしろWiz Khalifaの方に興味を持っていたくらいでした私は。「ちょっとサム・スミスと曲調が被るなー」とか思ってて。

♪Marvin Gaye ft. Meghan Trainor(2015年)

そしてこの曲を耳にしてハッとしました。私は、かつて黄金時代を築いたMotownレーベルが大好きでして、その中心人物でもあったマーヴィン・ゲイは、とても大切なアーティストの1人です。マーヴィンをテーマにした曲をリリースしてくれた若手アーティストが出てきてくれて、わぁ嬉しい!と思いました。一瞬。

よくよく聴くとこの曲は、マーヴィン・ゲイ=愛の営みという捉え方をしているのです。マーヴィンしようぜ!って曲なのです。

マーヴィン・ゲイは大人の愛をムーディーに歌うアーティストとして有名です。↓例えばこんな風にですね。

♪Sexual Healing – Marvin Gaye

この歌はもう私大好物でして、いつ聴いても芸術だなぁ〜と思います。MVを見るとさすがに時代を感じますが、数々のアーティストにサンプリングされていて、現代でも新鮮な気持ちで聴ける名曲です。

そういうわけで、マーヴィンを愛の営みに例えるなんて軽率すぎぃ!と一度は思いました。けれど、チャーリー・プースの「Marvin Gaye ft. Meghan Trainor」を聴いていると、オールディーズのレトロ感を見事に取り入れていて、マーヴィン・ゲイの世界…ということでもないのですが(違うんだよね)、なんだか強烈な懐かしさを感じたのです。

リリックにもマーヴィンの曲のタイトルが散りばめられていて、 “mercy, mercy”などというフレーズが聴こえてくると嬉しくなっちゃう!亡くなって30年以上経っても歌に登場するなんて、どんな形であれファンとしてはやっぱり感慨深いのです。きっとチャーリーも、リスペクトの気持ちでこの曲を書いたのだと思うし(そうよね?)。

志半ばにして壮絶な最期を迎えたマーヴィン・ゲイは今、この曲をどんな風に感じているのか、聞いてみたいですね。結局マーヴィンは、歌になっちゃうくらい偉大な存在なのでしょう。

時代を超えた名曲ってたやすく生まれるものではないですし、この曲はパワーがあるなと思います。だってチャーリーも、フィーチャーされているメーガン・トレイナーも、その時代を生きていないのです。私ですらそうなのです。それなのに「あぁ懐かしいな」と思わせてくれるのですから。彼らはやはりプロだなと、チャーリーに対する評価も爆上がりしました。

♪We Don’t Talk Anymore  feat. Selena Gomez(2016年)

そしてセレーナ・ゴメスを客演に迎えたこの曲も大ヒットしました。別れてしまった恋人同士の、お互いの視点で描かれたリリックとMVがなんとも切ないです。

セレーナも儚い美しさを纏った歌い方がさすがです〜。
ライブパフォーマンスバージョンもオフィシャルから出ていますよ〜。シックなドレス姿で自由奔放に歩き回るセレーナに対し、ピアノの前を決して離れることができずに見守るチェックシャツ、プースの図。

セレーナとは本作での共演以降、良き戦友としてリスペクトし合う交流が続いているそうです。はい次っ!

♪Then There’s You(2016年)

1stアルバムの『Nine Track Mind』の中で、私はこの曲がただただ好きです!それだけでここに載せました。
“他の女の子たちが歩いていても何も変わらないのに、君がドアを開けただけで僕の人生が変わったんだ”という一途なラブソングなのですが、チャーリープースの美しい声にとてもよく合っています。結婚式にも良いのではないでしょうか。それにしてもこのアルバムは、鼻血が出そうなほど名曲揃いです!

アルバム『Voicenotes』

そして2018年リリースの2ndアルバムでも、チャーリーの新たな魅力が開花しました。リードシングル「Attention」が発売されたのは2017年4月なので、約1年分の成長が感じられるわけですね。

当初は2018年1月リリースとアナウンスされていたのですが、5月に延期された作品でもあります。チャーリーがセルフプロデュースを手がけており、「未完成のまま発表するわけにはいかない」と自身で延期を決めたそうです。それだけに、前作と比較しても思いの詰まったアルバムになっているように感じます。

♪Attention

♪How Long

♪Done For Me (feat. Kehlani)

彼の楽曲は誰が聴いても、邪魔にならない音なんですよね。どんなジャンルを聴いている人でも、音楽ファンなら無条件にノッちゃう要素があると思います。そんな、聴き手を選り好みしないメロディラインに、チャーリーの透明感のある声が重なるところが魅力だと思っています。

前作『Nine Track Mind Import』では、全体を通してゆったりとした曲調のものが多かったように思いますが、今作は攻めの姿勢で臨んだ意気込みが感じられます。

♪The Way I Am

そして、この曲を聴いた時はちょっとドキッとしました。

「誰に嫌われようと、僕は我が道を行く」というリリックからは、トップスター街道を突き進むための迷いを取り払ったような、腹を据えたような決意が感じられます。

トップラインもこれまでとは明らかに違う、意志の強さがにじみ出ていて、チャーリーはここからまたさらなる高みを目指して行くのだなと感じました。このアルバムの核になっている気がします。

他にもまだまだご紹介したい曲はたくさんあるのですが、今回も盛りだくさんになってしまったのでここまでにいたします〜。興味のある方はぜひ、アルバムを通して聴いてみてください。


確かな実力とエモーショナルな歌声から、“レトロフューチャー的要素”を漂わせるチャーリー・プース。懐古的であり限りなく現在的な彼の音楽世界には、古臭くもなく、真新しすぎない不思議な魅力があります。

これまでは、新しい音を追求するよりも、新旧をミックスさせたスタイルが魅力で、流行に左右されない正統派、芯の通った楽曲が多い印象でした。そんな中、2ndアルバムでは殻を破った先の真価も感じられるのです。

そう、彼もYouTubeに動画をアップしたことから夢のストーリーが始まったアーティストの1人。このまま今のスタイルにとどまるだけの人ではないはず。

2ndアルバム延期のニュースを聞いた時、未来を追い求めて苦悩する彼の姿が見えた気がしました。延期を決断してまで伝えたかったチャーリー・プースの思い。その4ヶ月間は、きっと彼の真価が磨かれる必要な期間だったのです。その時味わった産みの苦しみは、今後のアーティスト人生を支える自信になるはず。

そんなチャーリー・プースは不思議な魅力を携えたまま、今後は未来的な部分をどのように取り込み、私たちを魅了してくれるのか、まさに今、タイムリーな成長が楽しみなアーティストです。


ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれのWebライター(@cgrams40)。2017年にCulture Cruiseを運営開始。現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、10年の投資経験を生かして行動経済学についての電子書籍も出版(別名義)。趣味はレコード収集。愛するのは鹿島アントラーズ。そして、ありとあらゆるカルチャーのすべて!!