三代目JSBが「Honey」で手にした選択肢

三代目 J SOUL BROTHERSが、メジャーデビュー10周年を経て、ベストアルバムとオリジナルアルバムからなる『BEST BROTHERS / THIS IS JSB』を2021年11月10日にリリース。今回は『THIS IS JSB』から先日公開された「Honey」についてレビューを書きました。




0:00 「Honey」を聴く

2020年のデビュー10周年を経てリリースされる『THIS IS JSB』。CD発売はデビュー日の11月10日とあって、メモリアルな1枚となっている。

全13曲の中で最後の公開となった「Honey」は、11月1日0時にダウンロードとストリーミング配信が開始された。

すでに布団に入ってウトウト状態だったがストリーミングで再生する。音数は少なめでも複雑性があり、コライトの良さが出ていると感じた。そしてぼんやり思い出したのは過去の自分のツイートだった。

急に言い切ってどうしたのっていうテンションはともかくとして、願いにも近い形でずっとこんなことを思っていた。

この時に想像していたのはまさに「Honey」のようなR&Bだった。最近ずっとTwitter埋め込みの調子が悪いので、表示されてなければどなたか念を送ってください。

リバーブで音広がる系、いわゆる空間系エフェクト多めのサウンドというのは、三代目JSBにはどんな曲があったか遡ってみたのだけれど、思ったよりも少なかった。

「RAINBOW」「TONIGHT」あたりだろうか。「線香花火」のトラックや、「100 SEASONS」もそうかもしれない。海外の作家さんのコライトに多いイメージだ。

曲調は違っても、Mixの施し方が似ていると近い感じがするので、何かそういう分け方をしてしまうんですよね。あくまでも素人判断です。

このあたりは、登坂広臣さんのソロではかなり大胆に使われていて、「ANSWER…SHADOW」「Colorblind」「Can You See The Light」など、統一性のある世界観を織り交ぜながら、上手く表現されている。

今までの三代目JSBのシングルでは、パキッとした感じ、白黒はっきりしたキャッチーなサウンドが多かったことが改めて分かる。

ライブではそういう曲の方が盛り上がるし、覚えやすく定番化もしやすい。もしくはバラードに振り切ったり。

JSBのパブリックイメージはずっとそうだったと思う。前作のアルバム『RAISE THE FLAG』はまさにその象徴という感じだった。

「Honey」のようなエモチルなR&Bサウンドは、これまでの彼らのパブリックイメージとは方向性が違うかもしれない。

しかしそういうところに面白さがあり、彼ら自身もいい意味で力が抜けていて、それがそのまま音楽性にも繋がっている。

そのために選ばれた楽曲としては理想的で、この曲からアルバム『THIS IS JSB』が始まると考えると、新たなメッセージとしても受け取ることができる。

19:00「Honey」を観る

さらに同日19時には、MVが公開された。一瞬で終わった直前のインスタライブから追いかけてました。

リバーブが施されたアンビエントなR&Bサウンドが漂う中、ジャンクフードと犬率の高さが目に入ってきて、ちょっとコンセプトを理解するのに時間がかかるところが良い。

今市隆二さんが手がけた歌詞には「あなたという人はこの世界にただ1人だけだから、ありのままでいてほしい」というメッセージが込められているそうだが、MVではポテトを食べている。

メッセージ性の強い歌詞も、あえて視点をずらすと表情も変わるし、素直にキャッチできる。気付いたら受け取っていたというありがたさ。

Culture Cruiseも記事の中で不意におかしなことを言って読者の視点をずらし、そのすきに長文を読破してもらうシステムなので、似てるかもしれません(違う)。

前述したように、パキッとした曲ではないので輪郭はぼんやりしている。普通なら「エモいよね」でぼんやりしたまま終わる。もちろんそれも良いんだけど。

これが三代目JSBの手にかかれば、パフォーマーによってその輪郭が明瞭になり、オーディエンスがそれをなぞっていく楽しさが加わるのだと思った。

ヴァースからサビまでのぼやけた境界線に緩急がつけられていく。想像しただけでもめちゃめちゃ上手かったパフォーマーの皆さん。

「簡単そうに見えて実は高度なスキルを要するダンス」だと小林直己さんがおっしゃっていたが、それはまさに、そのはっきりしないところを表面化させるパフォーマンスが物を言うからではないかなと。

音源として聴く時はレイドバックな雰囲気を楽しみつつ、視覚的にはさらにエッジが立った曲として、もう一段階印象が変わっていきそうだ。

生とエレクトリックな音の並走

これまでのイメージにとらわれず、彼らがどんどん表現の幅を広げていることを、この曲は教えてくれる。

例えば、“美しく咲いて”というフレーズを聴いて、「BRIGHT」を思い浮かべた。

ライブでも欠かせない人気曲になって、まさかここまで出世すると思いませんでした。本当にお疲れさまだよBRIGHTさんという感じ。

当時コスメブランドのタイアップ曲だったこともあり、美しく生きる人や、凛とした女性の輝きを彷彿とさせる。

曲先にしろ、今までならこうしたアッパーなサウンドで作り上げていたと思う。トレンドの変化とともに、そのイメージを変えていくというよりは、「新たな選択肢を増やした」という方がしっくりくる。

その選択肢の幅は、ヴォーカルスタイルにも広がりを見せている。

ヴォーカルスタイルの選択肢

ELLYさんのセクションはいろいろなパターンを試した結果このようになったそうで、そういう裏話も今となっては当たり前のように聞いているけれど、それだけ今の三代目JSBにはバリエーションがたくさんあるということが伺える。

以前「TONIGHT」の記事でも、ヴォーカルが3人いるようだと書いたけれど、今回もその印象は継続し、「Honey」ではさらにユニゾンで並走している。

ELLYさんの声にだけオートチューンが効いていたり、その他のコーラス部分もよく聴くとけっこうエフェクティブなので、生とエレクトリックな音がまさに並走する遊び心を楽しめる。

歌とラップの関わり方というのは無限にあるように見えて、ラッパーをフィーチャーするか、グループの誰かがラップパートを担当するかといった中で、構成的にもDメロにラップを入れるとか、何となくパターンがあるものだ。

そこにきて三代目JSBはとてもしなやかな繋がりを見せている。

さまざまな方法を試しながら進んできた彼らだからこそ、可能になった表現の形だと思うし、進化させて、定着させたことが非常に大きな価値を生んでいると思う。

そもそもJ SOUL BROTHERSがラップを取り入れるということ自体に、当初は批判的な声もあったけれど、『THIS IS JSB』を聴いても、まだそう思うだろうか。きっとその人たちだって、今このアルバムを楽しんで聴いていると信じたい。

最初は違和感のあるものほど、開花した時には多くの人を惹きつけるし、続けてみなければ結果が出ない挑戦はたくさんある。


きっと常に挑戦の連続だった7人の活動は、この10年の中で、図らずも少しずつ選択肢を増やしていたのだ。そんなことを思いながら聴いていたら、胸が熱くなった。

選択肢を増やしたパフォーマンスによって、無限に表現の幅を広げていく。今の彼らは選択することも含めて、楽しんでいるように思える。

そのスタイルこそが、今後の三代目 J SOUL BROTHERSの大きな強みとなるのではないか。そう予感させてくれる曲となった。

「Honey」から始まるアルバム『THIS IS JSB』には、土台を築き上げてきた7人の、その先に向かう意思表示が感じられる。

/ 長谷川 チエ

▼「TONIGHT」の記事はこちら

▼BALLISTIK BOYZについて

ABOUTこの記事のライター

山口県生まれ、東京都育ち。別業種からフリーライターとして独立後、Culture Cruiseメディアを立ち上げ、『Culture Cruise』を運営開始。現在は東京と神奈川を拠点としている。 カルチャーについて取材・執筆するほか、楽曲のライナーノーツ制作、小説や行動経済学についての書籍も出版。音楽小説『音を書く』が発売中。趣味はレコード鑑賞。愛するのはありとあらゆるカルチャーのすべて!!