【世界を一つにしたAvicii】アルバム『TIM』とディスコグラフィについて

Avicii アルバム「TIM」

2019年6月、Aviciiの遺作となるアルバム『TIM』がリリースされました。今回はこのアルバムとともに、Aviciiの代表作を振り返ります。

Aviciiについて

Avicii(アヴィーチー・本名:Tim Bergling)は1989年、スウェーデン生まれ。母は役者で、自然と音楽に触れる環境の中、音楽家になる夢を抱きながら裕福な家庭で育ちました。

高校卒業後の2006年頃から、自ら楽曲制作し、リミックスを手がけるようになります。その作品の数々を自身のブログにアップし続けるところから、彼の本格的な音楽人生はスタートしました。イギリスのDJ主催イベントで優勝するなどして、2008年にはAt Night Managementと契約します。

その後はDJ・アーティスト・音楽プロデューサーとして世界的に脚光を浴び、ヒット作を次々に連発。2016年にはDJからの引退を発表しますが人気は衰えず、音楽活動は継続されていました。

しかし2018年4月、滞在先のオマーンにて28歳で突然の死を迎えます。家族の手紙によると、自殺であった旨が示唆されていたそうです。

日本への来日チャンスは何度もあり、実際にブッキングもされていたのですが、直前でのキャンセルが続きました。結局、2016年に大阪と千葉で行われた「AVICII JAPAN TOUR 2016」が、最初で最後の来日公演となりました。

今回この記事を書いたのは、彼の死について語りたいわけでも、感傷に浸りたいわけでもなく、彼の遺した作品たちの素晴らしさを自分の記事にまとめておきたいと思ったからです。

エレクトロの中にも他ジャンルを実験的にミックスさせ、じっくり聴けるEDMを数多く作り出してくれたAvicii。EDMを世界的なメインストリームに押し上げたDJの一人といっても過言ではありません。Aviciiが発表したほんの一部の楽曲にすぎませんが、彼の代表作を振り返ります。

♪Seek Bromance(2010年)

彼のディスコグラフィはこの頃から始まります。Aviciiとして活動する前のTim Berg名義で、2010年にリリースした楽曲。

ザ・EDMな音楽が世界的に流行していた頃ですが、その後のライブなどでもこの曲はよくプレイしていたように思います。

一見、男女3人の友情がテーマになったような青春っぽいMVですが、そもそも「Bromance」とは、「Brother」と「Romance」が掛け合わされた実に英語的な表現で、男性同士の親密な友情を指す言葉です。それを踏まえてMVを観ると面白くて、男性って誰しもこういう要素あるよなぁとか思っちゃいますね。

♪Fade Into Darkness(2011年)

のちの作品から遡ると、音数が少なくて歌がメインになっているのが分かります。ヴォーカルを引き立たせる要素は、Aviciiの楽曲に共通した素晴らしさだとも思いますし、その片鱗はこういったところからも感じ取ることができます。

爽やかな曲調ですが、「We won’t fade into darkness」というフレーズが何度も何度も叫ばれます。光と闇の対比によって、深い世界が表現されています。

♪Levels(2011年)

そして、Aviciiはこの曲で一気にスターダムへのし上がることに。私がAviciiを知ったのは確かこの曲がきっかけだったと思うのですが、当時世界中で流行しました。

この曲でここまで表現できてしまうんだ…とMVに衝撃を受けたことも覚えています。EDMはボタンさえ押せば作れてしまう音楽だという批判の声も高まる中、エレクトロの中に人間性を見出すという、EDMの奥深さを痛感しました。

♪I Could Be The One- Avicii vs Nicky Romero(2013年)

Aviciiと同じく、DJ・音楽プロデューサーとして世界的な人気を誇る、同い年で親交の深かったNicky Romeroとのコラボ作。ライブでも鉄板曲として大人気でした。

自分をストレスから解放しよう!という趣旨の内容で、ユニークですが衝撃的なラストを迎えるMVも当時話題になりました。

実はこの曲には、アコースティックバージョンもあるんですよ。

ヴォーカルはNoonie Bao (ヌーニー・バオ)というシンガーなのですが、最新アルバム『TIM』でもコラボしています。アコースティックにすると雰囲気が変わりますね。

♪Wake Me Up(2013年)

Aviciiを語る上でこれは外せないほどの、Avicii最大のヒット曲。世界69ヶ国で1位を獲得しました。Aloe Blaccをフィーチャーし、EDMでありながらフォークサウンドを取り入れたメロディックな楽曲。EDMになじみのないリスナーにも支持されました。

Aloe Blaccは元々ソウルシンガーとして活動していましたが、この曲によって世界的な人気を獲得し、過去の作品までもが脚光を浴びることになりました。

♪The Days(2014年)

元Take Thatのメンバー、Robbie Williamsをヴォーカルに迎えた作品。E.P.としてともにリリースされた「The Nights」と聴き比べるのも興味深いです。

Aviciiの曲の中ではヒット作とは言えないかもしれないのですが、私はこの曲とこのMVが非常に好きです。シンプルですがカラフルでクリエイティブで、とても自由を感じます。

♪Lonely Together ft. Rita Ora(2017年)

Rita Oraをフィーチャーしたこの曲も大ヒットしました。Rita Oraの存在感を見せつけられますね。

叶わぬ恋に、ひたすら「Let’ s be lonely together」と嘆き、「あなたと一緒なら孤独も少しは消える」という曲です。でも二人きりの孤独は、一人きりよりも実は孤独なのではないか…なんて最近考えたりもします(暗)。

2019年6月、最後のアルバム『TIM』をリリース

2019年6月、Aviciiの最後のアルバムがリリースされました。楽曲自体は生前にある程度制作されていた状態だったもので、家族の意向などにより、リリースすることが決定。

未完成部分は製作陣にバトンが受け継がれましたが、Aviciiのメモ書きなどを元にパズルをつなぎ合わせていく作業は難航を極めたそうです。

Aviciiが伝えたかった原曲の世界観を壊すことなく完成させるのは、至難の業であったことは想像に難くありません。

しかし仕上がりを聴いてみると、Aviciiがすぐそこにいるかのような錯覚に陥るほど、完成度の高いアルバムだと思いました。もちろん彼がどの部分まで制作していたかは分かりませんが、とてもAviciiらしさを感じる美しいアレンジではないかと。

ちなみに『TIM』とはAviciiの本名で、アルバム名も家族が命名したそうです。

  1. Peace Of Mind feat. Vargas & Lagola
  2. Heaven
  3. SOS feat. Aloe Blacc
  4. Tough Love feat. Agnes, Vargas & Lagola
  5. Bad Reputation feat. Joe Janiak
  6. Ain’t A Thing feat. Bonn
  7. Hold The Line feat. A R I Z O N A
  8. Freak feat. Bonn
  9. Excuse Me Mr Sir feat. Vargas & Lagola
  10. Heart Upon My Sleeve feat. Imagine Dragons
  11. Never Leave Me feat. Joe Janiak
  12. Fades Away feat. Noonie Bao

♪SOS  ft. Aloe Blacc

アルバムに先駆けて配信されていたリードシングル。「Wake Me Up」で大ヒットを飛ばしたAloe Blaccとも再びタッグを組んでいたのですね。

Aloe Blaccのディープな歌唱力を生かしつつも、負けないほどのトラックが素晴らしいです。

♪Heaven

生前からコラボすることの多かったColdplayのヴォーカル、Chris Martinとコラボした曲。2014年にはレコーディングを済ませていたそうです。

深みのあるChrisのヴォーカルとも非常に良く合っていて、引き込まれる独特の世界観と映像美に見入ってしまいます。

アルバム『TIM』では他にも、Vargas & Lagola、Imagine Dragons、Joe Janiak、Noonie Baoらともコラボしています。

坂本九「上を向いて歩こう」をサンプリングした「Freak feat.Bonn」なども話題に。BonnはMartin Garrixや5 Seconds of Summerのコラボレーターとしても知られているアーティストです。

このアルバムによって、Tim Berglingとしての姿を見せてくれたような気がしました。


ヒット作を次々と世に送り出してきたAviciiですが、個人的に好きなのはどれも、そこまでヒットしなかったなぁという作品が多い気がします(それでも十分売れているんだけど)。

彼にとっては楽曲がヒットすることよりも、伝えたいメッセージを伝えることの方が重要だったのではないかとも感じています。

世界中に数えきれないほどのDJやトラックメイカーがいる中で、Aviciiの作品がここまでヒットし続けたのは、彼が人の心に触れる音楽を作ってきたからだと思うのです。

彼はEDMがとてもロマンチックで奥深い音楽であることを世界中に教えてくれたし、ダンスミュージックを聴かない人たちをもリスナーとして迎え入れた。数々の音楽賞を受賞してきたけれど、私が想う彼の音楽の素晴らしさは、たくさんの人たちを一つの音楽で繋げたことにあるのではないかと感じています。

リリースをすればすぐに古いものになっていくエレクトロな世界の中心に生きていた彼は、何を感じ、何を提示してくれていたのか?Aviciiが持つ音楽性を壊すことなく、表現力の限界まで、彼はトライしていたように思うし、その限界を突破していたと思います。

時代は新しいものを求めているようだけれど、彼の作品の素晴らしさはこの先もずっと変わらず、色褪せないはずです。

R.I.P Avicii, 1989 – Forever.

Avicii アルバム「TIM」

ABOUTこの記事をかいた人

フリーライター。東京生まれ。2017年にCulture Cruiseを運営開始。現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、個人投資家としても行動心理学を学びながら、10年間トレードを継続中。趣味はレコード収集。愛するのはありとあらゆるカルチャーのすべて!!