泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」に泊まってみた

BOOK AND BED TOKYO 宿泊

ライターの長谷川チエ@Hase_Chieです。今回は、人気の「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」さんに宿泊!体験レポートをお届けします。

泊まれる本屋®︎「BOOK AND BED TOKYO」

「BOOK AND BED TOKYO」は、2015年にオープンした東京・池袋本店を筆頭に、全国に6店舗展開しているホステル。

実店舗を持たない革新的でおしゃれな不動産会社、R-STOREが展開していて、世界でも数多くのメディアに取り上げられる人気ぶり。インバウンド需要を支える存在としても、進化し続けています。

今回、Culture Cruiseがお邪魔したのは「BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」さん!ビルの3Fにあり、エレベーターを降りるとすぐにフロントがあります。

カフェも併設されているため、スタッフの方は宿泊の対応も、カフェのサーブなども同時にされていて、時間帯によっては忙しそうな雰囲気。

でもすぐに、「チェックインですか?」と柔軟に対応してくれました。チェックインは16:00〜、チェックアウトは〜11:00。

チェックイン時にはiPadで詳しく説明してくれます。外出は24時間自由、ベッドルームでの飲食は禁止(フリースペースはOK)、タオルや歯ブラシなどのアメニティを持っていない場合は、現地で購入することもできます。

お支払いは現金の取り扱いがなく、交通系ICカードかクレジットカードのみだそうなので気をつけてくださいね(カフェ利用でも現金が使えないので要注意です)!

カフェの営業は20時までですが、スタッフは24時間フロントに常駐してくれています。

店内はとてもスタイリッシュ!

今回私が泊まったのはこのお部屋、というかこのスペース!

BOOK AND BED TOKYO 宿泊

中はとてもシンプル。この状態に上からシーツをかけますが、ベッドメイキングは自分で行うシステムになっています。シーツの上にシーツ、みたいな感じですね〜。

BOOK AND BED TOKYO ベッド

コンセントも2つあり、Wi-Fiも完備されています。

広さなどは最低限なので、広い所に泊まりたい、ベッドメイキングもやってほしい、ドア付きの完全個室が良いという方には不向きかもしれません。

私はドミトリーのシェアハウス歴も長く、こういう非日常的な冒険っぽいのも好きなので楽しかったです。

昼間はBGMが流れているのですが、夜は(22時くらいだったかな?)遅い時間になるとだんだんリラックスできる音楽に変わり、深夜は完全に無音状態になります。

気付いたら朝になってた!という感じでぐっすり眠れました。

BOOK AND BED TOKYO シャワー

シャワールームは宿泊者に限り使用可能(無料)で、男女別にエリアは分かれていますが、脱衣所を出ると同じ空間(ドライヤーで髪を乾かしたりというのは同じ場所)になっています。

私が使用した時は、誰もいなかったのでまったく気になりませんでしたが、土日などの混雑時はどうかなぁという気もします。

BOOK AND BED TOKYO カフェ

カフェスペースには本は置かれていませんが、コーヒーや軽食などを楽しめます。シンプルな中にもセンスの良さが光るデザインで、居心地の良い空間に。

BOOK AND BED TOKYO カフェ

黒がテーマになっているそうなのですが、その理由を尋ねてみると、「あくまでも泊まれる本屋ということで、飲食店として展開しているショップではないため、あえて個性とインパクトを出しつつ、普通の飲食店なら避けるであろう黒をベースにしたフードやドリンクを発案した」とのこと。

竹炭などを使用した超ブラックなサンドイッチなどがありました!


本を読みながら眠れる幸せ

BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店には、常時2,000冊の本が置かれていて、デイタイム利用者や宿泊者は自由に読むことができます。

小説や雑誌、漫画など、あらゆるジャンルの本があるので、何かしらお気に入りの本は見つかるはず。ブックセレクトは「SHIBUYA PUBLISHING&BOOKSELLERS(SPBS)」によるものです。

最新本が並んでいるかと言うとそうではないのですが、読もうと思ってなんとなく読まずに過ぎ去ってしまった本とかに再会できるので、これはこれで良いのかなと。

それだけ、選ばれし本たちが名を連ねているということでもありますね。

海外のお客さんも多いので、洋書や写真集なども取り揃えてありました。普段、本屋さんでは手に取らない本を読んでみるのも良いかもしれません。

ジャンルはざっくりと分かれていて、こういう時、自分がどのエリアで立ち止まるかで、自分の興味が今どこに向いているのか、客観的に分かったりしませんか?

私は普段経済やビジネスコーナーに行くことが多いですが、この時はクリエイティブコーナーや、サブカルチャーコーナーの本をたくさん読みました。

そして、何となく手にしたこちらの本が、想像以上に良くて。

BOOK AND BED TOKYO 本

読んでいるうちに、以前にも読んだことがあるのを思い出しました。でも、その時はライターになりたての頃だったのですが、そんなに響かなかったんですよね。

今読んでみると、ちょっと泣いてしまうくらい心に刺さりました。私もほんの少しは、クリエイターとしての自覚が目覚めたのか?責任感というものが芽生えたのか?心に変化があったのだなと認識できました。

手元に置いておきたいので、後から自分でも購入することに!この本に再会できただけで、ここに来て良かったと思える瞬間でした。

未来の自分を創る場所

寝転がって本を読んでいるうちにいつの間にか眠ってしまった…本好きにとっては、この上ない幸せな1日の終わり方です。

単なる宿泊施設という枠を飛び越え、新たなカルチャーの発信基地として進化を続ける「BOOK AND BED TOKYO」。どこを切り取ってもスタイリッシュな空間で、心地よく読書に没頭することができます。

印象的だったのは、スタッフの方がとてもフレンドリーで、のびのびと働いていたこと。お客さんも好奇心旺盛で旅好きな方だったりと、普通のホテルの宿泊ではできないような体験があります。

ここではみんなが自由に過ごしていて、誰も気取っていないし自然体。肩肘を張らずにゆっくりできます。

「BOOK AND BED TOKYO」は、人や本、場所との出会い、そしてカルチャーに触れることのできる、スタイリッシュで刺激的な空間でした。

自分から行動しなければ、人にも物にも場所にも、出会うことはできません。「ここに泊まってみよう」「この本を読んでみよう」「この人に話しかけてみよう」…ほんの少しの選択と行動が、未来の自分を創っていく。

いくつになっても、好奇心を持つことって大切だなぁと、この場所に来て改めて感じました。そんな大切な機会を与えてくれた「BOOK AND BED TOKYO」さんに感謝して、また次の場所へと旅立ちます!

BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店

<BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店>

【住所】大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階
【アクセス】御堂筋線「心斎橋駅」徒歩1分、堺筋線「長堀橋駅」徒歩5分

【宿泊】

チェックイン 16:00〜
チェックアウト 〜11:00

Single 5,200円/1泊
Double 8,400円/1泊

【DAYTIME】

13:00〜18:00

1時間 540円
フリータイム(最大4時間)1,620円
(土日祝は+100円)

【CAFE】

営業時間 11:00〜20:00

BOOK AND BED TOKYO 公式サイト

文:長谷川チエ(@Hase_Chie

↓こっちは週末ルームシェアだよ!

【週末ルームシェア】高尾山でweeeks体験したら意外な展開になった話

ABOUTこの記事をかいた人

フリーライター。東京生まれ。2017年にCulture Cruiseを運営開始。現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、個人投資家としても行動心理学を学びながら、10年間トレードを継続中。趣味はレコード収集。愛するのはありとあらゆるカルチャーのすべて!!