Matt Cab&名曲「Love, Need and Want You」特集

ライターの長谷川チエ@Hase_Chieです。今回のCulture CruiseはMatt Cab(マット・キャブ)特集!サンフランシスコ出身の日本在住で、優しい歌声が魅力の正統派R&Bシンガーです。

曲はすべて英語ですが、ターゲットは日本市場。J-POPのカバーも数多くリリースされており、名だたるアーティストに楽曲提供も行うシンガーソングライターです。

本日はそんなMatt Cab特集と、カバーされている名曲「Love, Need and Want You」を振り返ります。

♪Matt Cab – Love Story

さわやかでキャッチーなR&B。

四つ打ちのR&Bでここまでクリーンな歌詞と曲の世界を作り上げてくれるアーティストは貴重です。

♪Love You More

GENERATIONSのLove You Moreをカバーしています。

君の笑顔のため捧げるよall my daysとか言われたらね。嘘つけ〜とか思いながらも期待。

♪Touch The Sky feat. VERBAL (m-flo)

航空会社の広告のようなリリックビデオ。

Mattのさわやかさに加え、VERBALさんの声が良いスパイスになっています。

PKCZ®など幅広く活動されている中で、こちらはm-floとしてのVERBALさんらしさが出ていてまた違った魅力があります。

♪Matt Cab – Love, Need and Want You

そして本日のメインソングがこちら!パティ・ラベルという80年代を代表するソウルシンガーの曲をカバーしたもの。

私はこの原曲が大好きで、それをカバーしてくれただけで感謝!って感じなんです。この曲をカバーしてたらとりあえず好きになっちゃいます。

ここからこの「Love, Need and Want You」をサンプリングした曲をカルチャークルーズしてみませんか?嫌と言われても連れていきますよ!

♪Patti LaBelle – Love, Need and Want You

こちらがMatt Cabカバーの原曲です。偉大すぎる名盤、こんなに素敵な曲を後世に残してくれてありがとうと心から伝えたい!テンポが遅く感じますが、この時代はこういうメロウな曲に浸るのが粋だったんですよね。

元々ゴスペル出身でもあるPatti LaBelle(パティ・ラベル)。R&B、ソウル、ファンクと、どんなジャンルでも歌いこなすソウルフルな歌声が魅力。1962年から現在も活動中のベテランシンガーです。


次にこの曲がサンプリングされている2曲を紹介します。

♪Nelly – Dilemma ft. Kelly Rowland

「Love, Need and Want You」をサンプリングした2002年のメガヒットチューン。

HIPHOPアーティストのNELLYが、元Destiny’s ChildのKelly Rowlandとコラボしたこの曲はかなり流行し、そこかしこでかかりまくっていました。

NELLYは個人的に大好きなアーティストで、ほとんどのCDやらレコードを持っています。こんなにでっかいTシャツ着てるのに鼻声なところが好きで。

♪Lloyd – Lay It Down

2010年リリース。R&BシンガーLloydの代表曲です。甘いベッドソングなのですが、僕の枕に横たわって、さぁどうぞどうぞ!とクドいほどに懇願する愛の歌です。

リリースされた頃はアナログ盤を買って、もうエンドレスに聴いていました。「ナヨ声」とも言われている個性的な歌声が、聴いているうちにクセになってきます。

↓R. Kellyらが参加したリミックスもかっこいいので、興味のある方はこちらも聴いてみてください。

♪Lloyd feat. R. Kelly & Jeezy- “Lay It Down” Remix

私はR. Kellyが大好きすぎるので、こちらのRemixの方をよく聴いています。2:40くらいからの後半はほぼR. Kellyの独壇場にすり変わってます。

サンプリング世代でない方からは、「サンプリングという概念自体が理解できない」という声をよく聞くのですが、一言で説明すると、原曲をベースに新たなメロディを上からかぶせるような感覚で、カバーとは別物です。

90年代のHIPHOPはみんなこのやり方で曲作りをする文化で、めちゃくちゃかっこよかったんです。私がHIPHOPを聴くのは、このサンプリング文化の歴史が好きだからと言っても過言ではない!

原曲を歌っているパティ・ラベルは、このLloydのLay It DownのRemix集にも参加しています。原曲のアーティストが時代を超えてカバーに参加するとは、感慨深いものがあります。

以上、Matt Cab特集と「Love, Need and Want You」ネタ使いの名曲たちでした。

ちなみにMatt Cabは、2017年4月に初のベストアルバム「HIStory」をTSUTAYA限定でリリースします。

文 : 長谷川 チエ(@Hase_Chie


Matt Cab公式ホームページhttp://mattcab.com/

15年ぶりのm-floはデジャヴであり未知との遭遇だった(過去→未来編)

ABOUTこの記事のライター

山口県生まれ、東京都育ち。2016年、別業種からフリーライターとして独立。2017年にCulture Cruiseメディアを立ち上げ、『Culture Cruise』を運営開始。現在は東京と神奈川を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、楽曲のライナーノーツ制作、別名義で小説や行動経済学についての書籍も出版。趣味はレコード鑑賞。愛するのはありとあらゆるカルチャーのすべて!!