ハロウィンで奇妙なテンションになれるおすすめ曲10選!

ハロウィンには仮装パーティーという皆さんへ!パーティーに限らず、通勤時に聴いて奇々怪々なテンションになれるのもこの時期限定。仮装パーティーの予定も、ハロウィンに対する思い入れも特にない筆者から、ハロウィンにぴったりな曲のご紹介です!!

♪Look What You Made Me Do – Taylor Swift

テイラースウィフトが2017年にリリースした最新曲です。ハロウィンソングとして発表されているわけではないのですが、ハロウィン特有の雰囲気にマッチしています。

長年バトルを繰り返しているカニエ・ウェストに対しての復讐ソングです(テイラーがこの手の曲を出すのは日常茶飯事なので、世間は特に驚かない)。2009年のMTVビデオ・ミュージック・アワードで最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を受賞したテイラー。受賞の登壇中にカニエ・ウェストが乱入し「ビヨンセのビデオの方が良かった」と発言して以来、確執が生まれたという話は今も語り継がれています。

テイラー自身のお墓から、ゾンビになった彼女が登場するシーンで幕を開けるMV。復讐キャラが定着したテイラーですが、「昔の私はもう死んだよ」というセリフも。ニューアルバム「reputation」も11月10日にリリースされるとあって、昔の自分との決別を予感させる曲でもあります。

Look What You Made Me Do
テイラー・スウィフト

♪Spooky Scary Skeletons(Remix)- The Living TombStone

「Spooky Scary Skeletons」というハロウィン定番曲のリミックスバージョンです。原曲はもう少しスローテンポなのですが、このリミックスではEDM風味のパーティーっぽさが追加されています。The Living TombStoneはYoutubeをメインに活動していて、コミカルでハロウィンっぽい曲をたくさん制作しています。

♪Five Nights at Freddy’s – The Living Tombstone

「Five Nights at Freddy’s」とはPCやスマートフォン向けのホラーゲーム。映画化も決まっているほどの人気なのですが、個人的には音楽性の高さに注目しています。なんとなく幻想的な世界が全体的にハロウィンっぽいので、どの曲にするか迷ったのですが、これが1番しっくりくる気がします。

Five Nights at Freddy’s
The Living TombStone

♪Last Friday Night (T.G.I.F.)- Katy Perry

ポップなサウンドは通勤時に聴くのもいいですね♪私は年がら年中聴きまくりです。「昨日のパーティーでやらかしちゃった!飲みすぎたし、ていうか隣で寝てるの誰!?」みたいな内容の歌なので、パーティーっぽいイメージがあります。

そもそもT.G.I.Fとは「Thank God, It’s Friday.」の略で、「神様ありがとう!今日は金曜日〜」という日本でいう”花金”のような、英語圏特有の言い回しです。

Last Friday Night (T.G.I.F.)
ケイティー・ペリー

♪Party Monster – Krewella

こちらは割と本気のEDMなので、苦手な方にはまったく響かないであろうパーティーソング。サムネイル画像がもう普通ではないのですが、MVでは一部過激な描写ありです。

クルーウェラはEDM界きっての美人姉妹と言われていますが、ガンガン攻めるタイプの女性デュオ。メロディはキャッチーなものが多いのですが、パフォーマンスが結構ぶっ飛んでるというか、女性ならではの過激さや派手さがあります。

Party Monster
クルーウェラ

♪WOW – Kylie Minogue

適度にパーティーの高揚感があって、でもパリピすぎない、うるさくない。極上のディスコティックハロウィンナイトって感じですかね。もう表現がよくわかりません最高ということです。

2008年リリースなのですが、80年代のような雰囲気を漂わせつつ、今っぽい音もあり、いつの時代に聴いてもノリノリになっちゃう曲なのではないでしょうか。カイリー・ミノーグの楽曲にはいつだってそんな魅力が詰まっています!

Wow
カイリー・ミノーグ

♪Halloween – AQUA

かわいいのか怖いのか?はっきりしないところがハロウィンソングの良さ。明るさと不気味さが同居するハロウィンソングというのは、実はとても完成度を要するもので、そこが足りないと結構悲惨なことになるものです。

AQUAは「Cartoon Heroes」がやけにヒットしているのですが、こういった曲も独特の世界観があり魅力的。ボーカルのリーナの声質も相まって、子供向けパーティーでも使えそうです。

Halloween
カテゴリ: ポップ

♪HALLOWEEN PARTY – HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

最後に邦楽を3曲セレクトしました。

個人的には、邦楽のハロウィンソングといえばこの曲のイメージが非常に強いです。HYDEさんは毎年豪華アーティストを招き、「HALLOWEEN PARTY」というハロウィンフェスを主宰しています。ご自身も仮装されるので、なんとなくヴァンパイアのイメージも定着し、何ならハロウィン=HYDEさんという縮図も出来上がりつつある感じ。

ちなみにHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAとは、ハロウィン限定で活動するユニットで、HYDEさんの他にDAIGOさんやTommy february、土屋アンナさんなどたくさんのアーティストが参加しています。MVにも登場するので、非常に見ごたえがあります。

HALLOWEEN PARTY
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

♪Black owl – Leetspeak monsters

バンドサウンドとハロウィンの融合が好きな方にはこちら。とはいえ彼らは通年このスタイルなので、ハロウィンと関連づけることが正解なのかは分かりません。ラップロックを駆使したミクスチャーロックとしての完成度の高さは、日本で年々加熱するハロウィンの盛り上がりと共に、今後も要注目のバンドです。

ハロウィンっぽさを残しつつも、そこにベースやギターの音が合わさるととてもハイブリッドでかっこいいですね!ハロウィンのイメージにはあまりなかったので新鮮で耳に残ります。しばらくずっと鼻歌で歌ってしまう!

Black owl
カテゴリ: ロック

♪Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~きゃりーぱみゅぱみゅ

ハロウィンの曲紹介では必ずと言っていいほどエントリーするこの曲。私は中田ヤスタカさんの音楽の大ファンなのですが、中田さんの作る不協和音やポリリズムは元々、メルヘンさと同時に怪異的な雰囲気すら漂う、ハロウィン特有の心情にマッチしていると思うのです。

そんな彼の音楽を振り返ると、きゃりーさんの歌が1番ハロウィン感がありますね!こちらは実際コテコテのハロウィンソングなので、堂々と聴いてしまいましょう。

Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜
きゃりーぱみゅぱみゅ

以上、ハロウィンに聴きたい曲、Culture Cruiseセレクションでした!パーティーでかけるのも良いのですが、悩んでいる時にハロウィンソングを聴くと、悩みがどーでもよくなったりするから不思議です。自分なりの楽しみ方で聴いてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれのWebライター(@cgrams40)。2017年にCulture Cruiseを運営開始。現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、個人投資家としても行動心理学を学びながら、10年間トレードを継続中。趣味はレコード収集。愛するのは鹿島アントラーズ。そして、ありとあらゆるカルチャーのすべて!!