ブルーノ・マーズ制作「Whenever You Call」を聴いて嵐に送るメッセージ

嵐が2020年9月にリリースした「Whenever You Call」のレビューです。聴く度に印象深くなっていったこの曲について、紐解いてみたいと思います。


「Whenever You Call」

ブルーノ・マーズとD’Mileによって制作された「Whenever You Call」。

ブルーノの楽曲提供ということもあり、アッパーな感じかと勝手に想像していたので、最初は実際の曲調以上にシンプルに聴こえた。

都会的な仕上がりのMVは、シックで落ち着いているのに煌びやかな作品。黒とゴールドを基調として、イントロとアウトロ、曲中にも一瞬映る東京タワーの赤が美しく映えている。

とてもシンプルですが、このステージでこのようなパフォーマンスや身のこなしができることが、とにかく素晴らしいではないですか!

リリックは全編英詞となっており、ブルーノはボーカルディレクションも行なったとのこと。発音もそうだけれど、アクセントの置き方にかなり気を遣われたのではないかと想像できる。

皆さんとても上手なのだが、特に大野さんは発音しない音の弱め方、ブレスの入れ方までもが上手で、歌い出しから聴き入ってしまった。

レコーディングはさぞ大変だっただろうと思うけれど、少し聴いただけでもその努力が伝わるほど、美しいボーカルに仕上がっている。

曲調自体も背伸びするでもなく、メロウな中にも爽やかさを残したR&Bに好感が持てる。

ブルーノはファンクベースのアッパーなイメージも強い一方で、ミドルテンポや情感を持たせたバラードも、甲乙つけがたいほど丁寧で上手い。

ブルーノ自身の楽曲でも「Just The Way You Are」や「When I Was Your Man」「Versace on the Floor」など、美しい名曲がたくさんある。

世界へのアプローチを感じるMIX

さらに「Whenever You Call」からは、空間系のエフェクトがかなり効いている印象を受けた。リバーブを効果的に使用するボーカルは世界的にはスタンダードで、分かりやすいのはThe Weekndや、ここ数年のMaroon5のような感じ。

これまでのJ-POPは声質そのものをクリアにさせることが多く、特に嵐のようなポップス主体のグループであればなおさらだった。

しかし今回の「Whenever You Call」は空間系エフェクトが大胆にかかっていて、今までとは根本から方向性が異なる。

その効果として残響がより深く長く続き、アンビエントの雰囲気も漂っている。

これまでの嵐の楽曲と比べても、音数は少ないのに奥行きや広がりが感じられる。ボーカルにリバーブを施しても、5人の個性が消えていないところも素晴らしい。

例えば櫻井さんや二宮さんのような真っ直ぐな声質とは相性も良く、魅力も引き出されているように感じる。

ちなみに嵐の過去曲のアレンジやMIXに注目すると、2002年の「ALL or NOTHING」は完成度も高く、サクラップの最高傑作(の一つ)だとも思っている。

アルバム『How’s It going?』の「身長差のない恋人」も秀逸ですし、このアルバムは名盤です。水色のCD持ってます。

「We Can Make It!」や「復活Love」はレンジのバランスが良いし、「I’ll Be There」はダイナミックに展開する。

「Bittersweet」はボーカルチョップが左右から聴こえるギミックを散りばめつつも、聴きやすさとの両立が実現されている。

このような感じで改めて「Whenever You Call」を聴いてみると、やはりタイプの違いが分かる。世界に向けて発信されているというか。

素直なJ-POPの方が好きだというリスナーもいるでしょうし、どちらが良いというわけではないけれど、幅が広がったという印象を受けるし、5人のヴォーカルもこの音に合っていると感じた。

2019年からの嵐さん

嵐は長年に渡って海外からも愛され続けているけれど、ここ数年は特に世界を意識されている。活動休止に際し、フィールドを広げることを旗印に掲げているそうだ。

Netflixでドキュメンタリーがスタートしたり、サブスクの解禁、SNSの公式アカウントやYouTubeチャンネルの立ち上げなど。日々のコメントも日本語と英語で発信するなど、細かな気遣いと意向が感じられる。

松本さんが実際にアメリカに出向き、ご自身の肌で感じたことがそのまま音楽性に反映されているのも分かる。

楽曲としては「Turning Up」あたりから、視野が広がった印象がある。

「Turning Up」は、英語を軸にして日本語をミックスさせている。1サビに登場する日本語は “ポケットには”と、“世界中に放て”の2フレーズしかなく、2サビではとうとう出てこない。

英語のリズムとグルーヴ感が最重視され、ボーダレスに言葉が織り交ぜられていることが分かる。

そして英詞メインに再録されたRebornシリーズや「IN THE SUMMER」などをリリース。

この曲も、少ない音数でも空間の広がりを感じるトロピカルハウスに仕上がっている。

2020年は、世界情勢を鑑みてリリースの変更などもあったそうで、東京オリンピックの延期にも影響を受けたはずなのに、そんなことも感じさせずに5人は走り続けている。

コロナ禍で配信してくれたリモート紙芝居の動画にはたくさん癒されて救われました。あの時はありがとうございました(礼)。

嵐が大好きな一般人枠(強火)として

特にここ最近のグローバルな活動を見ていると、ここで休止してしまうのが惜しいと感じるほど、目覚ましい活躍が続いている嵐さん。

けれど、その節目がなければ「Whenever You Call」も生まれなかったかもしれないし、有限な中でしか作られないもの、感じられないことがあるのだと気付かされる。

ブルーノは、グループでの活動を休止する嵐の状況を踏まえ、彼らとファンを結ぶ曲になるよう、D’Mileと制作に当たったという。

私ごとで恐縮ですが、嵐ファンと豪語するにはおこがましいので、そうですね…自然に好き、大好きなんですよ。

大野さんは地元同じだし同世代なので何なら部活でお見かけしたことあるし二宮さんは誕生日同じだし木更津キャッツアイのグッズめっちゃ持ってるし嵐の映画はいつも映画館で観るしデビュー前から応援してる…ずっと変わらずに嵐のことが大好きな一般人枠に属しているつもりです(めっちゃ好きかも)。

ここまで強火ではないにしても、嵐が自然に好きな人たちは世の中にたくさんいるはず。

それに加えて、ファンの方はどんな気持ちでこの曲を聴いているのだろうと思いを馳せると、「離れていても大丈夫。いつでも、どんな時でも駆けつけるから心配しないでね」というこの歌詞がより一層胸に響く。

ここまで聴き込むと涙があふれる、どころか気付くと号泣している。最初に聴いたシンプルな感情から、こんなに発展するとは思いもよらなかった。

最後に、この記事を締めくくるにあたって、もう一度だけ聴いてみて感じたことが二つあった。

一つは、この20年を振り返ってみると、いつもその時の嵐が一番好きだった。だから、彼らは今が一番輝いているのだということ。

そしてもう一つは、ファンの方の嵐に対する気持ちも、この歌詞と同じなのではないかということ。ファンからの愛も、彼らに届いてくれる曲になったら素敵だなって。

たった5人で、こんなに多くの人を笑顔にしてきた嵐には、この曲を歌ったり聴いたりする度に、与えた以上の大きな愛が還元されてほしいと思った。

残りの活動期間を楽しみながら、その後はどんな形であろうとも、5人らしく笑顔で過ごしてほしい。

だから私はリスナーとして、聴いた分だけ “You don’t have to worry”というこの曲のメッセージを、嵐さんにお返ししたい。そんな風に想いながら、最後の一秒まで大切に聴かせていただきました。

文 / 長谷川 チエ

嵐 公式サイト


↓ブルーノ・マーズの2018年来日公演のレビューはこちら!

ABOUTこの記事のライター

山口県生まれ、東京都育ち。別業種からフリーライターとして独立後、Culture Cruiseメディアを立ち上げ、『Culture Cruise』を運営開始。現在は東京と神奈川を拠点としている。 カルチャーについて取材・執筆するほか、楽曲のライナーノーツ制作、小説や行動経済学についての書籍も出版。音楽小説『音を書く』が発売中。趣味はレコード鑑賞。愛するのはありとあらゆるカルチャーのすべて!!