『FUTURE』ソロアルバムレビュー 今市隆二編【登りつめた先にある扉】

三代目 J Soul Brothersのアルバム『FUTURE』関連記事。前回の登坂広臣さんに続き、今回は今市隆二(RYUJI IMAICHI)さん編です。初のソロアルバムをフィルターに、今回も勝手に思いの丈を綴りました。

メイン画像出典:「Thank you」公式YouTube動画

アルバム『FUTURE』DISC-2

  1. ONE DAY
  2. Angel
  3. Thank you
  4. Alter Ego
  5. SHINING / RYUJI IMAICHI feat. Ne-Yo
  6. LOVE HURTS / RYUJI IMAICHI feat. Brian McKnight

デジタルリードシングルの「ONE DAY」〜「Alter Ego」に加え、Ne-Yoをフィーチャーした「SHINING」、フィーチャーの域を越えたBrian McKnightとのデュオ曲「LOVE HURTS」を収録。

1stシングル「ONE DAY」からアルバムリリースまではたった半年ですが、実に内容の濃い期間です。レコーディングは2017年から行われているようですが、約1年と考えても、どれだけの努力を重ねたのかが手に取るように分かります。

変化する時代に守り続ける勇気

今市隆二さんの音楽を私のものさしで表すと、神奈川県の横浜みたいな存在です。1859年に日本で初めて開港した横浜港(2019年で開港160周年!)は、歴史ある街並みを残しつつ日々進化しています。

古き良き時代の歴史を受け継ぎながらも、決して新しいものを否定せず、排除せず、上手く融合させる港町。新旧どちらの魅力も伝えるその姿が、今市さんの音楽と重なりました。実はこの記事も横浜で執筆していて、潮風を感じながら今市さんの楽曲を聴いています。

個人的に今回のソロアルバムは、CDで聴きたくなる曲が多い気がします。自宅でゆったりと音楽に酔いしれたい時、彼の歌は良きパートナーになってくれそうです。現在の音楽シーンの主流は配信系ですが、今市さんはそういったことを気にせずに、1曲1曲を大切に歌いながら、自分のミュージカリティを確立している気がします。

では今市さんがソロでは守りに入っているのかと言えば、それは100%違うと言い切れます。そうでなければ「ONE DAY」を歌い上げることは不可能だったし、「Alter Ego」が誕生することもなかったはずです。守りつつ、攻めもする。どちらか選ぶ必要もないし、両方取り込むことがむしろ個性になっています。

このアルバムに参加しているBrian McKnightは、Culture Cruiseでも【ブライアン・マックナイト名曲集】変わりゆく変わらないものとは?で取り上げたように、R&Bで成功してきたレジェンド。

Ne-YoもR&B界ではClassicsとして君臨しています。このジャンルでここまで生き残ってきたことは奇跡です。この2人も、激変せずに少しずつ新しい音を採用しているから、支持されているのだと思います。

Japanese R&Bであれば、久保田利伸さんなどはその先駆者です。日本ではそういうアーティストは希少で、その事実こそがいかに厳しい世界かを物語っています。それを誰よりも理解している今市さんが、狭き門に立ち向かってくれたことを、音楽ファンとして評価せずにはいられません。

そしてそういう音楽が好きな人はずっと変わらず聴き続けるので、今市さんのR&Bに対するブレない愛情や、それを貫くことがどんなに強く、尊いかという価値を必ず理解してくれるはずです。もしも、日本の音楽界にその理解力がないのなら、Japanese R&B、ひいてはJ-POPの未来さえ乏しいものになるでしょう。

「ONE DAY」の衝撃

1stシングルの「ONE DAY」が初めて公開されたのは2017年の暮れ、ご自身のラジオ番組「SPARK」でした。あの衝撃は今でも忘れられません。

最初のイントロ部分を聴いた3秒くらいで、ぶわぁぁと涙が出た曲は生まれて初めてでした。世界で1番速く泣いたギネス記録かもしれません。「そうか…そうだよね、こういうことがやりたくて、ずっと温めてきたんだ」と感じたのです。

ソロデビューへの歓喜もあるのですが、何だか無性に彼に謝りたい気持ちになりました。思うように声が出せない日々があったり、歌のみでここまでやってきた今市さんが、一体どんな気持ちでこの曲にたどり着いたのかと思うと、胸が苦しくて。

けれど、その歌声はあまりにも美しくて、驚きや意外性…もういろんな感情が溢れてくるのでした。そしてその場で記事を書き始めたのですが、この時の感情が、それ以降の記事の執筆にも大きく影響することに。

「何とかしてこの気持ちを伝えたい。でも淡々と書くだけでは誰の心にも響かない。いっそ日本語のルールなんて無視して、もう誤字があったとしても、今伝えなければ私がライターになった意味はないのだー!」と気持ちだけが先走ったような状況でした。

Culture Cruiseでも「ONE DAY」の記事を境に、おそらく熱量の違いを感じていただけるのではないかと思います(もちろんそれ以前も頑張って書いてたけどさ!)。それほどまでに、心を動かされる出来事となったのです。

その後4ヶ月連続リリースを成し遂げますが、そのどれもが見劣りせず、愛情を注がれた作品であることが伝わります。その想いの強さが、聴く者の心にまで届いているところも今市さんらしいですね。

「ONE DAY」から「Alter Ego」までを、たった4ヶ月の間に投下するのですから、1人のアーティストだと気付かない方もいるのではないでしょうか。その振り幅の広さは、ソロ活動を開始して世に知らしめた、今市さんの魅力の一つと言えます。

R&Bにおける無限の可能性

そうかと思えば、彼はどこかで突然新しい試みをする可能性も秘めていると感じていまして。何かに初挑戦してライブで披露したり、ファンを楽しませつつも難なく(もちろん努力の末だけど)自分のものにしてしまう、飽くなき探究心を持つ今市さん。そのパワーをバランスよく、良質な音楽に織り交ぜてくれる予感がしています。

「Alter Ego」などはある意味、ニッチな世界観を含んだ曲なので、彼にはそんな才能もまだまだ眠っていることを感じさせます。実はどこかでかなり化ける予感もしていて、「今市隆二はよく聴くよ、あぁ彼が三代目JSBのヴォーカルなの?」なんてリスナーも出てくるという、逆輸入バージョンも面白いかなぁと。

 

アルバムを聴いていると、Ne-Yoやブライアンの歌唱力には圧倒されるばかり。Ne-Yoなんて私、歌詞を丸々覚えるくらい大好きで、まさか今市さんとのコラボ曲が聴ける日が来るとは想像もしていませんでした。

けれど今市さんは、これをただの感動体験で終わらせるような人ではないはず。これは通過点に過ぎず、その視線はすでに先を見据えているのでしょう。

ブラックミュージックのアーティストは、そりゃあ文句のつけようがないほど上手です。だからといって、そこで今市さん、さらに言えば日本人が競う必要なんてないわけで。

例えば「SHINING」は、今市さんもNe-Yoもブレスで変化をつけるのがとても上手なので、声はもとより息継ぎやアクセントのつけ方が調和しています(アレンジとコーラスもウィットに富んでいて面白い)。こういうコラボも新しい方法だなと感じました。

日本に四季があるように、今市さんには日本人が持つ繊細さとか、憂いや儚さを表現できる声質があります。桜が咲いて、それが長くは続かずに散っていく感情とか、赤や黄色に色づいた紅葉の中に哀愁を見出せるのは日本人ならでは。その美しさをR&Bで表現できたら最強なのではないかと、改めて思いました。

「LOVE HURTS」のBメロ部分 “Then I’ll be wiser and I’ll be better”の「I〜」という歌い方なんて、とても繊細で色気があって美しいですね。この「色気がある」という点も、今市さんが持つ最大の強みなので、R&Bともよく合う声質だと思います(どの立場で、というのは全体的に重々承知でございます)。

夢の扉へのステップ

「ソロでドームツアーを実現したい」「いつかグラミー賞を獲りたい」と名言している今市さん。自分の夢を日本中に知らせるなんて、気後れする気持ちもきっとあるはずなのに、その想いを包み隠さず伝えてくれる人柄はまっすぐで、応援したくなりますね。

挫折を経験しながらも、数々の夢を叶えたトップアーティストが等身大の姿を見せることで、どれだけの人が勇気づけられるでしょうか。今市さんはヒーローだけど、私たちにとても近い場所にいてくれる存在。彼なら本当に、夢の扉を開いてくれそうです。

このソロアルバムは、どれも大切に引き出しの中にしまっておきたくなる曲ばかり。今回はそこに2曲追加され、今後もコレクションが増えていくのかと思うとワクワクしますね。これからどんな未来が待っているのか?R&Bにも変革の時代が訪れているのかもしれません。

駆け上がるというよりは、一歩一歩着実に踏みしめて進むという印象のある今市さん。歴史を刻み、進化する横浜の地で彼の音楽に耳を澄ませば、夢の扉へ向かう足音が、潮風に乗って聴こえる気がします。


登坂さん、今市さんのソロアルバムを聴くと、対照的であり親和性もあったりと、なんて不思議な関係なのだろうと感じながら筆を進めていました。

今市さんの記事を夢中になって書く中で、ふと登坂さんの曲を聴くとこちらも素晴らしくて、しばし心酔する。またその逆も然り。はっきりと分かれた音楽性の形は、「対照」ではなくむしろ「対称」?などと考えすぎて、私の頭はこんがらがるのでした。

2人いれば比較されることもありますが、大切なのはそれぞれが持つ個性。そのアーティストがどんな気持ちでその曲を制作し、歌うのかという背景を感じ取ったり、あるいはただただメロディに酔いしれることではないかと思うのです。

三代目JSB、今市さん、登坂さんの3つの作品を、その日の気分に合わせて選べるところもまた、ファンとしてこの上ない贅沢ではないでしょうか。アルバム『FUTURE』はこれまでにないほど、リスナーの音楽ライフを豊かにしてくれる素晴らしい作品に仕上がっています。

↓「ONE DAY」記事はこちら

極上R&Bを歌い上げた今市隆二「ONE DAY」が教えてくれたもの

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれのWebライター(@cgrams40)。2017年にCulture Cruiseを運営開始。現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、個人投資家としても行動心理学を学びながら、10年間トレードを継続中。趣味はレコード収集。愛するのは鹿島アントラーズ。そして、ありとあらゆるカルチャーのすべて!!