麻布十番「TARU SAUNA LABO」で都会の中の新感覚サウナを体験してみた

今回は、「TARU SAUNA LABO 麻布十番店」に行ってきました。2023年1月14日のオープンを前に実施された内覧会にて、実際に体験してみたレポートをお送りします!


TARU SAUNA LABO 麻布十番店

麻布十番駅から徒歩3分という好立地にある「TARU SAUNA LABO」。

駅を出て歩いていると、おしゃれな外観のビルが目に入ってきます。ここの1階が、今回お世話になる「TARU SAUNA LABO」さん。

TARU SAUNA LABO 外観

駅から迷わず到着! オープンの頃にはここに大きな樽が置かれるそうですよ。

中に入って左手にフロントがあり、スタッフさんが笑顔で迎えてくれます。

親しみやすくて、かつきめ細やかな対応をしてくださるスタッフさんばかりでした。

さっそくサウナに向かいます。

ラウンジを抜け、奥に案内していただき、靴を脱ぎます。

脱いだ靴は持ったまま上がり、荷物と一緒にお部屋の中に置く形になります。

ここから先は自分だけのプライベートサウナとして、個室を利用できます。

アメニティはメイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液、フェイスパックが置かれていました。

タオル1枚、バスタオル2枚、部屋着がすべて2名分ずつセットされています。1〜2名で利用できるお部屋ということですね。

シャワースペースにはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープのボトルが置かれています(オープン前の情報ですので、最新情報はHPをご確認ください)。

酒樽を活用したサウナ

TARU SAUNA LABOさんの特徴は、国産の木材のみを利用した、木材本来の薫りを感じる酒樽を活用したタルサウナです。

・タルサウナルーム(3部屋)
・スタンダードサウナ タル冷水風呂(2部屋)
・スタンダードサウナ クライオボックス(1部屋)

上記、3種のサウナルームが用意されており、今回はスタンダードサウナ タル冷水風呂を利用させていただきました。

このサウナルームには、コラーゲントリートメントランプが設置されていて、赤みがかったライティングに(OFFにして通常のライトを使用することもできます)。

血行促進や美肌向上などが期待できるそうです。美容と健康を同時にケアできるイメージです。

▲写真左端にある桶にアロマオイルを数滴垂らし、柄杓でサウナストーンに水をかけてセルフロウリュもできます(楽しい)。

▲これがとてもいい香りで、私はこの音が気に入ってしまいました!

▲水風呂も独り占めできる!

個室として利用できるので、周りの目を気にせず、自分だけのペースでゆっくりできるのがいいですね。

サウナ初心者から上級者まで、思い思いの時間を過ごすことができます。

サウナから上がった後は、ラウンジでクラフトビールやワイン、コーヒーなどが楽しめます。

さらに、1900年創業! イタリア王室御用達の有名店Giolittiのジェラートも。

メニューは季節によって変わるそうですが、私はピスタチオをいただきました。

このジェラート、極上のサウナ体験記憶も吹っ飛びそうなほどおいしくて、サウナでぽわぽわしていた頭が冴え渡りました!

今回、TARU SAUNA LABOの想いに共感し、取り扱いをスタートしたというGiolittiのジェラート。

「ローマで最も有名な美味しいジェラートを日本へ」という想いを込め、イタリア大使館協力のもと導入したそうです。

サウナを出た後の時間も創出してくれる、TARU SAUNA LABOのきめ細やかな心遣いを感じました。

また、Sauna Health Techとして新たな“ととのう”を提案する、感情を可視化するウェアラブルのUpmoodや、瞬間冷凍技術を活用したクライオボックスも提供されています。

木材の薫りに包まれる極上のプライベート空間と、最先端のHealth Tech技術を組み合わせた、ここにしかないサウナを体験できるのもTARU SAUNA LABOの特徴です。

心身共にととのうTARU SAUNA LABO

今回の取材では、代表取締役社長の江原健次さんにもお話を伺いました。

ーー樽(バレル)サウナはフィンランドでも古くから伝わっているそうですが、なぜ樽サウナに着目したのでしょうか?

「TARU SAUNA LABOが樽を使う理由として、心身共に醸成されるという意味があります。角が取れた丸い形状もいいですよね。『氣醸成』というメインコンセプトのもと、装置産業ではないサウナとしてできることを考えました。店の前にも大きな樽を置いて、待合室にする予定です。」

ーーえ! オープンまであと数日ですが、できますか?

「やります(笑)」

ーー身体の内と外からケアしてくれる感覚がありますね。

「例えば、コロナ禍で日光を浴びることが減ると、ビタミンDの生成も減ってしまうんですよね。そこでビタミンDを促す効果が期待できる照明サプリや、感情を可視化するウェアラブルデバイスを採用するなど、目に見えないベネフィットの提供にも力を入れています。」

ーー外観や内装はスタイリッシュですが、店内に入った瞬間に親しみやすさを感じたり、スタッフの方の目が行き届いているように思いました。

「サウナは設備こそが大切で、人は必要ないと思われるかもしれませんが、我々は『原動力は人にあり』というミッションを掲げています。我々にできることを常に模索して、TARU SAUNA LABOでもアップデートしていきたいですね。」

運営する株式会社大丸プランニングでは、フィットネスクラブやヨガスタジオなども展開しています。

トータルヘルスケアのプロならではの空間づくり。サウナをブームで終わらせず、ユーザーの健康維持に貢献したいという江原さんやスタッフの皆さんの細やかな想いを感じました。

「ただサウナに行く」というだけではない付加価値を感じられるTARU SAUNA LABOさん。

心身共にととのう都会の中のプライベート感覚を、ぜひ味わってみてください。

取材・テキスト / 長谷川 チエ

【TARU SAUNA LABO 麻布十番店】

・住所:東京都港区東麻布2‐26‐14 VORT麻布十番ビルⅡ(旧ヘリテージ麻布十番)
・アクセス:麻布十番駅 徒歩3分
・営業日:不定休(年末年始及びメンテナンス日は休館)
・営業時間:AM8:00~PM23:00 

【HP】https://taru-sauna-labo.com/
【SNS】Instagram | Twitter

■都度利用
60分:5,610円(税込)
90分:8,000円(税込)

■会員利用
月4回60分:21,310円(税込)
月6回60分:30,290円(税込)

詳しいご利用料金表はこちら


▼泊まれる本屋に1泊してみた

▼ワーケーションツアーに参加してみた




ABOUTこの記事のライター

山口県生まれ、東京都育ち。別業種からフリーライターとして独立後、Culture Cruiseメディアを立ち上げ、『Culture Cruise』を運営開始。現在は東京と神奈川を拠点としている。 カルチャーについて取材・執筆するほか、楽曲のライナーノーツ制作、小説や行動経済学についての書籍も出版。音楽小説『音を書く』が発売中。趣味はレコード鑑賞。愛するのはありとあらゆるカルチャーのすべて!!