ブルーノ・マーズ「24K MAGICワールドツアー2018」①感想編

2018年4月、ブルーノ・マーズが約1年ぶりに来日。ライブとしては実に4年ぶりとなる「24K MAGIC WORLD TOUR 2018」日本公演のためについにやってきた!

4月11日の初日公演で観たこと、感じたことを綴ります。セットリスト等の詳細記事は後日アップするのでネタバレはありません。

意気込みを語るよ(私の)

私はブルーノ・マーズの曲は全部知っているくらい大好きで、ブルーノに関する記事も、Culture Cruiseでも(データベース消失のため1記事しか残っていないけど泣)、他のメディアにも何度か寄稿したりしていました。ですから次の来日公演は絶対に行きたかったのです。

そして奇跡的に、何とか今回のライブを観に行けることに。私は、その日会場にいる誰よりもブルーノについて詳しくなるくらいの気持ちで行こうと決めました。

そこまで真剣だった理由は3つあり、1番はライターとしての自分を試したかったから。世界的なトップアーティストのステージを観た後に、どんな記事が書けるか、ライブを通してどれだけのことを感じ取れるか勝負したかった。

もう1つは、ハードスケジュールの中はるばる極東を訪れた上、4公演も決行してくれるブルーノと、ザ・フーリガンズへの敬意を表して。この1年、彼らはほとんど休みなく世界中を駆け巡っています。

そしてもう1つは、観たくてもチケットが手に入らなかった方もいる一方で、悲しいかな買い占めて転売している人や関係者席を大量に確保する行為も確認された。そんな中、ありがたいこの1席を無駄にしたくないという思いがありました。「こんなに熱意を持った人が行くなら」と言ってもらえるほど、自分にとって有意義な時間にしたかったし、行けなかった方にも何とかして伝えたいと思ったのです。

楽しむのはもちろんだけれど、自分なりのけじめみたいなもので、ライターとしてしっかり吸収して成長につなげたいと思いました。

聴ける曲はもう一度すべて聴き直して歌詞をチェックし、ブルーノのSNSやインタビューも改めて読み返しました。理解していたはずの曲も、彼のバイオグラフィーも、改めて知るとさまざまな発見があるものですね。

ブルーノ・マーズは天才だから、曲作りのアイデアなんて豊富に思い浮かぶし無限に作れる。そう思われているところがあるかもしれないけれど、彼は1曲のクオリティのために努力も時間も惜しまずに注ぎ込みます。たとえそれがアルバム曲であろうとも妥協はしない。だからあんなに完成度の高い作品が生まれるのですね。

やっぱりブルーノ・マーズはすごかった

そして迎えた当日。ワクワクして眠れなくて、でも全然苦痛じゃない寝不足感。いざ、さいたまスーパーアリーナへ!!

開場18:00、開演19:00というスケジュールの中、私は写真を撮ったり、記事にする材料をいろいろと集めたかったのでちょっと早めに到着。平日だったこともあり、お仕事終わりに参戦という方も多かったようです。混雑は17時頃から始まりました。

男女比はちょうど5:5、もしくは6:4で若干女性の方が多いかなという比率でした。年齢層は幅広く、子どもから年配の方まで、ファミリー、カップル、1人で参戦の方などなど…実に多様なファンが揃い踏みでした。

VIP席には著名な方々の顔ぶれも。オーディエンスも華やかなショーですね。開演とともに幕が上がった瞬間、足元が見えただけで叫びに近い歓声を誰もが発し、会場はすぐさま最高潮の熱気に。

ブルーノとフーリガンズは終始踊りっぱなしで、決して歌や演奏に支障が出るような激しいダンスではないのだけど、何だかすごく上手くて心地よくて、足元でずっとスルスルやってる感じのとか(語彙力ごめんね)、ムーンウォーク的なのとか?歌声はきちんとキープしているんですよ。それでも、何気に息切れしてないのがすごいと感じる。

そして適度に肩の力が抜けています。だから最高の歌声が出せるのでしょうか?もちろん手を抜いているのとも違う、リラックス感は大物ならではで、観ていて安心感もあるし、何より本人が楽しんでいるのが伝わってきてこちらも笑顔になるのです。

ライブはとてもシンプルなものだった、それなのにあんなに華やかに感じたことは、最高峰の技術の結集なのだと思います。

フーリガンズの素晴らしさよ!

ブルーノの素晴らしさも去ることながら、バックバンドであるザ・フーリガンズの付かず離れずな演出が最高なのです(バックバンドという表現が忍びないくらい)!フーリガンズがいなければ、ブルーノのステージは成り立たないほど欠かせない存在です。

お互いの信頼関係も素晴らしく、ブルーノとフーリガンズが一体となって魅せるステージは、もはやライブというよりもエンターテイメントショー。目で観て楽しませる、自然と体がリズムを刻んでしまうような、観客巻き込み型のショーといった感じです。ザ・フーリガンズの素晴らしさは、今回実際に目で観て特に実感した点でした。

観客を盛り上げつつ、ブルーノに花道を譲るサービス精神ってこれすごいですよね。ものすごく難しい立ち位置だと思うんです。しゃしゃり出なくて、演奏上手くて盛り上げ上手で…もう意味分かんない!身体能力もハンパないです。

中でもブルーノの右腕的存在なのがフィルことフィリップ・ローレンス。いつもブルーノの隣にいてメガネをかけているメンバーですね。骨折をしてしまったそうで、今回の来日には同行しなかったことは残念でしたが、誰が出ても遜色なく、ステージの素晴らしさを保つ実力を兼ね備えたグループ、それがザ・フーリガンズなのです。

そしてドラムのエリック・ヘルナンデスはブルーノの実兄。優しい顔つきでものすごいドラムを叩くのですが、彼のドラムパフォーマンスを観れたことも嬉しかった!ザ・フーリガンズのパフォーマンス能力の高さを肌で感じることができて感無量でした。

ケタ違いのエネルギー

元々ブルーノ・マーズが大好きな私なりに、ブルーノの曲はもちろん日常的に聴いていたし、彼が出演するステージの動画などもチェックしていました。特に2014年に行われたSuper Bowlのハーフタイムショーが大好きで、未だに泣きながら観ています。

それでも、今回のライブには度肝を抜かされて、圧倒され、引き込まれました。実際に生で観ているのだから当然なのですが、何もかもが別世界で別次元。

音楽にはやはり“エネルギー”というものが存在することを実感。改めて、スターってこういう人のことを言うんだなぁと。

ライブに行くと静かに聴いている方が必ずいたりして、もちろんそれは一向に構わないのですが、今回のライブでは、(少なくとも私の周りには)そういう人が1人もいなくて、老若男女みーんなノリノリで心から楽しんでいたことに驚きがありました。みんなが楽しいと、こんなにハッピーなんだということを初めて知りましたね。

同じ空間にいるという夢見ごこちのような不思議な感覚。「ほんとに実在するんだ!ブルーノ・マーズ」とも思ったし、わざわざ日本に来て歌ってくれていることの特別感も。

会場に何万人という人がいても、さも自分だけに歌ってくれているかのように錯覚したりもして。それはきっと、ブルーノやフーリガンズが作り出す雰囲気がそうさせるのだけど、この魔法にかかったような心持ちがとっても幸せでした。世界に自分とブルーノ、そしてフーリガンズしかいなくなったような。彼らの歌とダンスと演奏に対峙していた時の自分の集中力は凄まじかったと思う。

その時間はまるで幻のように、あっという間に過ぎていきました。すくった砂が指先からこぼれ落ちるかのように。それでも、あの日あの場所にいたすべての人の心に残った記憶は、ずっとずっと在り続けるのです。


素晴らしいものを伝える力

今回、年配の方もわりと多くいらしたことを意外に感じたのだが、よくよく考えると必然的なことである。ブルーノは懐かしいサウンドを作るのも得意なわけだから、その頃の音楽が好きな人こそ、彼の魅力が理解できるのだろうと納得した。こんなに素敵なことってあるの!

この日見かけた素敵な先輩方のように、私もいくつになっても、素晴らしい音楽に触れる人生を歩みたいと思った。

今回のライブの感想を何度か聞かれたので、「海外旅行で日常ではできない経験をして、ひと回り成長した気持ちで帰国したような感覚」と答えた。ブルーノにとっては100公演以上をこなすワールドツアーのたった1日が、1人の観客にとって忘れられない思い出になるなんてすごい。

けれども、単に「ブルーノ・マーズはすごい」と言ってしまうのではなく、私も素晴らしいものを素晴らしいと誰かに伝える表現力を磨いていきたいと思った。だってこんな世界があることを、もっともっと伝えたいと感じたから。ブルーノ・マーズが、音楽の素晴らしさを教えてくれたように。

私は文章でしか伝えられないと思っていたけれど、ブルーノだって、歌うことだけでそれを伝えてくれた。それ以外に、彼が何か特別なことをしただろうか?

次にまたどこかでブルーノのライブを観るまでに、ライターとしてどれだけ成長できるか自分を試したい。彼のステージが素晴らしすぎるので、それを伝えきるには私はまだまだ発展途上。芽も出ていないかもしれない。個人的には新たな目標ができたことも今回の収穫と言える。

うーんだけどやっぱり言ってしまう。ブルーノ・マーズはすごい!すごいんだ!!


↓リミックス集もね!

【ブルーノ・マーズ来日記念】おすすめRemix厳選集!

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれのWebライター(@cgrams40)。2017年にCulture Cruiseを運営開始。現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、10年の投資経験を生かして行動経済学についての電子書籍も出版(別名義)。趣味はレコード収集。愛するのは鹿島アントラーズ。そして、ありとあらゆるカルチャーのすべて!!