EDMファンが登坂広臣「WASTED LOVE feat. Afrojack」を熱くレビューする

三代目 J Soul Brothersのボーカル、登坂広臣さんが突如ソロプロジェクトを発表!「WASTED LOVE feat. Afrojack」をHIROOMI TOSAKAとしてリリースしました。

私は職業柄もありEDMをよく聴くのですが、Afrojackも三代目の音楽も好きです。そんな双方の視点から、この曲のレビューを執筆してみたいと思いました。

TRAPに登坂広臣の”旬”を詰め込んだ楽曲

年々多面性を増す登坂さんを象徴するような楽曲で、彼が歩んできた歴史の重みを感じますね。人ってここまで変われるんだなぁと。

ブリッジは少し単調なものの、概ね良好。計3回のドロップは徐々に盛り上がり、最後がかっこよくてテンション上がるっていう、聴かせどころをしっかり心得ていてAfrojack健在といった感じです。

曲調は、ベースミュージックをふんだんに用いたTRAP。Afrojackは近年EDMからTRAPに移行していて、やはりその路線なんだなという認識です。登坂さんご自身も、最近は作り込んだものを好んでいる気がします。

ソロ活動にあたっては、シンボルマークが発表されたり、LIVEパフォーマンスVer.のMVも制作されたりと、今後も精力的に活動するであろうことや、水面下で相当あたためられてきたプロジェクトであることが分かります。

”ソロプロジェクト始動”というからには、「ちょっとソロ試そ!」ってノリでもないわけですよね。第2弾、第3弾と今後も続いていくのでしょうし、登坂さんならそれに見合う実力も、たくさんのアイデアもあるのではないかと思います。

♪「WASTED LOVE」LIVE Perfomance Ver.

登坂さんは二元論で表すところの月である

シンボルマークまで発表するという周到なプランニングの裏には、三代目の活動との棲み分けという意味合いもあるのでしょうか(個人的にはそうであってほしい)。

このシンボルマークには、登坂さんの愛称である「臣(Omi)」のOと、月が掛け合わされているのだそうです。月のイメージは登坂さんによく合っていますね。満月の時もあれば新月の時もある。見上げる度に表情が違っていて、それが魅力となっている気がします。

この世界は、 相反する二つのもので成り立っている。 光と影、情熱と冷静、喜びと哀しみ… 相反する象徴のひとつ、太陽と月。 登坂広臣を表すとき、 彼は、月のような存在。 月は満ち欠けを繰り返し 日々形を変えて、 日々異なる光を届けてくれる… その姿から放たれる光は、 情緒的であり、妖艶でもある。 夜という非日常における無常の存在、月。 その月をモチーフに、 登坂広臣の表現の変化と 月の移ろいを重ね合わせ 登坂広臣の新しいシンボルマークが生まれた。 このデザインは、 愛称であるOmiのOと月の形を重ねたものでもある。 このコンセプトは様々な形で表現され、 オリジナルブランド「Clair de lune」 (フランス語で月の光の意味)として展開される。 月の光、それはまさに、 自身を表現するものであり、 音楽以外にも様々な広がりを感じさせる 登坂広臣の創造性であり、哲学でもある。 このシンボルマークのデザインは、 三代目J Soul Brothersのアルバム・ジャケットや ツアーロゴなどのデザインを手掛けてきた mo’design inc. 溝口基樹氏によるもの。 登坂広臣の美しくも妖艶な世界観が表現されており、 このマークは登坂広臣の象徴的な存在となる。 #登坂広臣 #WASTEDLOVE @clairdelune_official_

OMIさん(@3jsb_hiroomi_tosaka)がシェアした投稿 –


哲学的な話ですが、二元論ということですね。古代中国から伝わる東洋思想に陰陽というものがありますが、陰陽で言うと登坂さんは圧倒的に陰である気がします。昼に対しての夜、動に対しての静といったように。

ただそれは表面的な彼のイメージであって、素顔の彼は必ずしもそうとは限らないんじゃないかなーなんて、個人的には考えたりもして。

本当の登坂さんは彼自身しか知り得ないことですよね。「WASTED LOVE」の相手(いるのか分からないけど)にも見せてないかも。あゆの歌みたいですけど。

ちなみに二元論では、太陽と月などの相反するこれらのものは決して一元化はせず、調和すると考えられています。

「相反する」というと対立とか、まったく別次元のもののように聞こえるけれど、むしろ調和する、和合するんですね。なんかとってもロマンチックじゃないですか?

太陽のような登坂さんの素顔を知っている相手も、必ず存在するはずですよね。

Afrojackの得意なダークサウンド

Afrojackは今回のようなダークサウンドを得意としている印象があります。

私だけなのか?分かりませんが、少し影のあるメランコリックな音が好きなのかなと、EDMが大流行りしてた頃もそんな気がしていて。テンションぶち上げ系の曲は彼の好みと違うような、そんな感じです。分かりませんけど。

この新曲を聴いた時すぐに、私の脳裏にはMarshmelloの「Keep it Mello ft. Omar LinX」という曲が浮かびました。

♪Marshmello – Keep it Mello ft. Omar LinX

全然関係ないですがMarshmelloは毎回このマシュマロの格好をしてMVやライブに登場します。

こういう曲を聴くとわかりますが、トラップミュージックはヒップホップから派生しました。そのためヒップホップ要素の強い曲も多いのですが、今回の「WASTED LOVE」はJ-POPとのバランスを取り、ヒップホップ色を抑えめにしているところに好感が持てます。何でもかんでも詰め込むのではなくて引き算するイメージですね。

Keep It Mello (feat. Omar LinX)
Marshmello

Afrojackは2017年にDavid Guettaとコラボした「Another Life」などもそうですが、最近やっぱりちょっとセンチメンタルです。

♪Afrojack & David Guetta ft. Ester Dean – Another Life

三代目の雰囲気とも違うので、「WASTED LOVE」はやはり登坂さんの曲として初めて意味を持つのでしょう。今市さんのソロだったとしてもこういう楽曲ではないでしょうし。

ということでAfrojack的に考えると、今回の曲調は納得というか、やっぱりなという感じでした。登坂さんのダークでスモーキーな部分を引き出すことに成功しているのではないでしょうか。

ただ、純粋なEDMやAfrojackのファンにとってはなかなか理解しがたいかもしれません。私は、EDMやTRAPのファン目線で見ても、こういう曲がJ-POPとして聴かれるのは面白いことと思いますが。

Another Life (feat. Ester Dean) [Radio Mix]
Afrojack & David Guetta

WASTED LOVE
HIROOMI TOSAKA

︎個を尊重することも時には大切

登坂さんが新曲を発表した時、ファンの皆さんがここまで困惑するとは想像していませんでした。登坂さんは、メンバーのELLYさんがCRAZYBOYとしてデビューする際もとても協力的でした。きっと誰よりも応援しているんだろうなぁと、あたたかい気持ちになりました。

そんな彼がいざデビューするとなった途端、受け入れてもらえないというのは胸が痛みます。もちろん大多数の方は応援しているし、発表のタイミングなどもあったとは思うのですが。

個人でやりたいことがあるなら、やらせてあげれば良いと私は思うのです。三代目ほどのモンスター級のグループにもなると、一個人の意見は通りづらい環境ですし、仮によくある音楽性の違いで仲間割れなんてするよりは、よっぽど健全だし賢明な判断だと思うわけです。

ただ、やるからには徹底的に、三代目JSBとはまったく違う世界を作り上げて欲しいです。中途半端に活動したところで、世間一般の人は三代目との違いすら見分けがつかないでしょう。

距離感を保つと、グループの存在意義が見えてきたりもすると思うので、良い方向に進むプロジェクトであってほしいと願います!


↓こちらの記事では三代目JSBとAfrojackのコラボ「Summer Madness」についても触れています。

三代目のEDM路線が気に入らない?どんなにすごい挑戦かを今こそ語ろう

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれ東京育ち、現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点とするWebライター(@cgrams40)。音楽をはじめとするカルチャーについて研究、執筆している。10年の投資経験を生かし、行動経済学についての電子書籍も出版(別名義)。趣味はレコード収集。愛するのは鹿島アントラーズ。そして、ありとあらゆるカルチャーのすべて!!