【編集者日記】エディター葉山、Culture Cruiseへの愛を語ります!

編集者日記 カルチャークルーズ

こんにちは!編集スタッフの葉山です!

このように記事として登場するのは初めてです!

文章は苦手なので、読みづらいかもしれませんが、今日は少しだけ編集者日記を書きます。

 

Culture Cruiseは編集長・長谷川が1人で記事を書き、ほとんどの編集も務めているサイトです。

2019年より、わたくし葉山が頼み込んで、編集者としてインターン的にジョインさせていただいています。

私は、Web業界で働きたくて修行中なんですが、ここで働きたい!と思えるメディアがまだあまりなくて、そんな時にCulture Cruiseを知りました。

初めて読んだのは、三代目JSBの今市さんの「ONE DAY」の記事で、正直、あまり音楽に親しむことの少なかった私でしたが、この記事を読んで泣いてしまいました。

なんて素敵な記事なんだろう、と思いました。

極上R&Bを歌い上げた今市隆二「ONE DAY」が教えてくれたもの

曲について的確に解説されているのに、自分の意見もしっかりと持っている。

たまにクスッと笑ってしまうユーモアがあるのでスラスラ読める。

「すごい!!!こんなライターさん見たことない!」

と思いました。

そして、吸い込まれるように他の記事も読みましたが、なんか全部すごいぞって。

共通して感じたのは、その対象となる人への愛情と敬意でした。

「もしご本人がこの記事を読んだら嬉しいだろうな」

と思いました。

そして、編集長のチエさんにさっそくコンタクトを取り、「メディア運営について修行させてください!!」と、お願いしたんです。

共通の知り合いはいたものの、ほとんど面識のなかった私を受け入れてくれて、今に至ります。

末っ子だけど面倒見のいい編集長です。

でも普段は小学生みたいなんですよ(笑)

 

Culture Cruiseには、DMやお問い合わせからたくさんのご感想が届きます。

最近は、I Don’t Like Mondays.さんのこともたくさん取り上げていますが、ファンの方から好意的なご意見をいただくことが増えています。

私は書いてないんですけど、嬉しいー!!

Culture Cruiseに届くご意見の中でも、圧倒的に多いのは「この記事が、ご本人にも届くといいなと思います」という内容です。

私が感じたことと同じだな、と思いました。

そのことを話したら「もし万が一ご本人の目に触れたとしても、失礼のないように。そして背中を押すような記事になってほしいと思って書いている」と言っていました。

だからかもしれないなー、と思いました。

 

チエさんは、記事にするアーティストさんのことも、そのファンの方のことも絶対に悪く言いません。

たとえ、アーティストがSNSでごちゃごちゃ騒がれても、そういうゴシップには目もくれず、黙って記事を書き続けています。

興味ないんでしょうね(笑)

私がCulture Cruiseに惹かれた理由は、こういうとこにあったんだと気づきました。

決して、派手さはないかもしれないけど、堅実?っていうかなんて言えばいいんだろう、、語彙力が限界(笑)

派手さを取り上げた方が、アクセス数が伸びるのは明らかなんですけどね。

そういうことじゃないんだ、てのがCulture Cruiseらしいんです。

取り上げてるテーマは堅実だったりするんですけど、ユーモアでカバーしたりしているので、読みやすいのかなーって思っています。

 

とりとめのないただのブログになってしまいました(笑)

これで1500文字なので、普段5000文字とか書いてるうちの編集長の頭の中はどうなってるんだー??って感じですが。

私も今は仲間なので、身内を褒めちぎるのもおかしいので、今日はここまでにします!

近々、私が編集長にインタビューを決行した記事もアップする予定なので、ただいま編集中です!

そのわりにはほんとに文章苦手ですみません!

一般人が書くとこうなるよ、ていう事例だと思ってください(笑)

このあと↓長谷川が書いた記事を読んでみてくださいね!違いがわかるはずです。

実は、いろんな所に読みやすさの工夫がされているのが、Culture Cruiseでもあるんですよ!

ではまた!エディターの葉山でした!

【週末ルームシェア】高尾山でweeeks体験したら意外な展開になった話

編集者日記 カルチャークルーズ

ABOUTこの記事をかいた人

フリーライター。東京生まれ。2017年にCulture Cruiseを運営開始。現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点としている。カルチャーについて執筆するほか、個人投資家としても行動心理学を学びながら、10年間トレードを継続中。趣味はレコード収集。愛するのはありとあらゆるカルチャーのすべて!!