【運営者日記】過去記事をさらす覚悟=武士レベル

Culture Cruiseは2017年1月からスタートしたのだけれど、今は2018年5月。まだ1年あまりしか経っていないのだけど、自分が書いた過去の記事を読むと恥ずかしくなることばかり。

「よくこんな文章を人様の前にさらしているな」と思えるほどに、拙い文章で読みにくくて、「は?何言ってんの?面白くないけどそれ」っていう表現とかもいっぱいあって、本当に恥ずかしい。

もちろん修正することは可能だけれど、ライターにとって記事は作品であると思っているので、よっぽどひどくない限りは、これはこれで作品として残しておこうと思う。辛いが。

作家は出版された本を書き直すことができない。アーティストはリリースされた曲を録り直すことはできない。だから私も、このままほったらかしにして世にさらしておく。辛いが。

それにしても昔の記事を読むのは本当に恥ずかしい。よく、アーティストがデビュー当時の映像を見て「そんなに?」ってくらい恥ずかしがってる姿を目にするけれど、あの気持ちが分かる気がする。

周りの人にとっては、「なんで?そんな変わってないよ?」って感じでぽか〜んとしちゃうんだけど、本人は必死だ。分かる〜。武士レベルの覚悟が必要。でも時には見返すことも必要なんだろうな。

 

少しくらいはライターとして成長したと捉えて良いのでしょうか。思いっきりポジティブに、そう考えるようにいたします。

Culture Cruiseで変な昔の記事を見つけても、「んふっ」と鼻で笑って読み飛ばしてくださいませ〜。おそらくそれは現在進行形。むしろ今の記事こそそんなのを見つけると思うのですが、「成長してねぇな」と笑って、面白くも何ともない時は、真顔で既読スルーでお願いいたします。何卒。

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれ東京育ち、現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点とするWebライター(@cgrams40)。音楽をはじめとするカルチャーについて研究、執筆している。10年の投資経験を生かし、行動経済学についての電子書籍も出版(別名義)。趣味はレコード収集。愛するのは鹿島アントラーズ。そして、ありとあらゆるカルチャーのすべて!!