【運営者日記】私にとって音楽の原点はMotown、君なんだよ。

2017年1月からスタートしたCulture Cruise。

気軽な感覚で読んでいただける運営者日記や編集後記をスタートさせようかと思います。

あくまでも個人的意見を述べる場として捉えていただきたいので、記事との差別化を図るために、このカテゴリーの中では「です、ます」調の敬語を使わず、運営者の等身大の言葉で伝えていきます。

たまに話しかけたり、日本語が荒れたり、そうかと思えば敬語が混ざったりするかもしれないです。

あと定着するまでは、仕様やカテゴリーは変更したり移動させたりがあるかもしれません。


【最初の運営者日記】…私にとって物事のスタートと言ったら、70〜80年代の音楽シーンを席巻していた頃のMotownが思い浮かぶ。

私の音楽好きのルーツにはR&Bやソウルがあって、私にとってその土台となっているのは、Motown(モータウン)や今は無きSalsoul(サルソウル)Recordsの曲たち。

その中から1番を決めることなんてできないけど、Diana Ross「The Boss」とか、MFSB「Love Is The Message」なんかはかなり思い入れがある。

こんなにもディスコティックでユニバースでメロディアスなのに、なぜか泣けてくるんだよなぁもう。

好みにどハマりしてるからなのか、どこか切なさを感じるメロディラインだからなのか?理由は分からない。

前世で何かあったの??ってくらい、不思議と惹かれてしまう。私の音楽における原点はここかなぁ。

いつかMotownあたりの記事も、Culture Cruiseで書きたいなと思っている。需要があるかどうかは分からない。

人は大好きな音楽に出会うと、「ありがとう」という気持ちで満たされる気がしている。それはきっと、創り手、歌い手、演奏する人たち、そのすべてに向けた敬意や謝意の集合体だと思う。

Culture Cruiseは音楽に特化したメディアなので、初回はCulture Cruiseらしく、音楽ネタにしてみました。

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれ東京育ち、現在は東京と湘南・茅ヶ崎を拠点とするWebライター(@cgrams40)。音楽をはじめとするカルチャーについて研究、執筆している。10年の投資経験を生かし、行動経済学についての電子書籍も出版(別名義)。趣味はレコード収集。愛するのは鹿島アントラーズ。そして、ありとあらゆるカルチャーのすべて!!